スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

☆標高1800mで避暑キャン♪

☆標高1800mで避暑キャン♪

2週連続避暑キャンプ。

7月20日から3泊4日で長野県伊那市にある「鹿嶺高原キャンプ場」に行って来ました。

AM4:15 出発。

24時間営業の近所のスーパーでお買いもの後、出かけます。

恵那山越えは中央道で・・・と思っていたのですが、

木曽路から伊那への山越え道、権兵衛峠が新しい道になっているらしい・・と聞き、

どうしてもそこを走ってみたいという私の希望通り、今回もやはり一般道で。

昔、峠越えしたクネクネ道がほとんどトンネルになってて、走りやすくてスイスイ。。。いい感じ~。

P1020896.jpg


トンネルを抜けると南アルプスの山々が連なり、風景も一変します。

このまま高遠(たかとう)まで、ほぼ真っ直ぐ下る道。


2013-07-20-1.jpg

AM8:00  南アルプス村の道の駅に寄りお散歩。

クロワッサンが美味しいと評判のパン屋さんがオープンしていたので、こちらでパンを買い求め、

まだ焼けてなかった、クロワッサンを予約。

キャンプの前に、美和湖でカヌーの予定なので、カヌーを降ろせる場所を探し

あちこちウロウロ・・・なかなか良い場所が見つかりません。

2013-07-201.jpg


結局、1時間後にカヌー出せそうな運動公園をみつけ、即組み立てに取り掛かります。

朝ごはんまだ食べてないんですけど・・・。

パパさん、やるとなったら即、行動なんです。いつもそう。

「ゆっくりしようよ~。とりあえず、休憩してご飯食べようよ。私、燃料切れだと動けないもん。」

と、言ったって無理。

「いいよ、いいよ、あんたはゆっくりしてれば。」一向に手を休めようとしないので、

持って来たお弁当を私がお口の中へ。。。食べながら組み立てを頑張るパパさんなのでした。


P1020906.jpg

標高約800mの湖なのですが、お天気がいいので暑くて暑くて~。

ここまでカヌーを運ぶだけで私、ヘロヘロになっちゃいました。

ワンコ達は早くカヌーに乗りたいと大騒ぎだし、ホント大変!

2013-07-204.jpg

最初は上流へ。。。

と言っても、すぐに大きな堰です。

水が落ちるすぐ下まで来るとかなりの迫力。10mほどのそびえ立つ水の壁が迫ります。


2013-07-203.jpg


水量はかなり少なめで、春にお友達がカヌーしていた景色とは全く違います。

水没していた木々は遥かに上の方の陸地だったりして・・・。

水上スキーを楽しむグループもいたりして、思い描いていた湖とはちょっと趣が違ったようです。



突如、ヒーという鳴声。。。

もしかして?猿?

ふと見ると、急斜面に鹿が2、3頭。

こちらに気が付き逃げて行きました。

この辺り、鹿嶺高原とか、大鹿村とか地名にも鹿がついているだけあって、鹿も多いのでしょうね。

帰りは、薪になる流木を拾いながら、のんびり。

おっと、12時頃までにはクロワッサンを取に来ますと言ってあったので、急がなきゃ!


2013-07-205.jpg


GPSの画面をキャプッチャしてみました。

今回の距離は少な目ですね。



美和湖から、鹿嶺高原までの標高差約1000m。

距離13kmの山道をひたすら登ります。

登って行く度にぐんぐん外気温も下がり、高原に到着した時には23度と、快適~♪

前日に予約していましたが、夏休みの土曜日でも全く混まないキャンプ場のようです。


P1020960.jpg

雷鳥荘で受付。「何処でも好きな場所でやってね。」と言われたので

P1020959.jpg

とりあえず、奥にある北星平まで車で行ってみたのですが、轍に水たまりと、道はひどくてドロドロ。

戻って、月見平の方に。。。

P1030007.jpg

ココ、13年ほど前に子供たちとdayキャンした場所

風景はいいけど、草ボウボウ。。。

車も横づけできないし、どうする?

P1020978.jpg


1組のキャンパーさんがいらっしゃいました。

さんざん悩んで、結局1段下がった場所にある一般駐車場と書かれた場所へ設営。


P1020963.jpg

キャンプ場からの風景が360度のパノラマだったような記憶だったので、ちょっとガッカリ。

でも、リビシェルから見える景色は何とか遠くの山が少し見える。。。そんな場所でした。

ビールで喉を潤し、残りのパンを食べると、パパさんお昼寝。

こんなに良いお天気なのにもったいない!

一人で森の中から展望台へと続く道を歩いてみました。

P1020981.jpg


展望台からの景色は・・・


P1020995.jpg


すぐ目の前に広がる見覚えのある山々。

仙丈ケ岳、鋸岳。。。


P1020994.jpg

以前何度もバスで行った事のある南アルプス林道もクッキリ見えます。


P1020986.jpg


やはりここは天空のキャンプ場。

来て良かった~。

P1020975.jpg


この後、すぐに戻ってパパさんも連れてきたのですが、ちょっと時間が違っただけで、

山の頂上が雲に隠れてしまって残念!


2013-07-206.jpg


夕日を見ながら7時頃に夕食タイム。

その後は、またまた眠さが襲って8時にはおやすみなさ~い。

しかし、眠りについたそのすぐ後、ガサゴソ。。。近くで動物の気配。

キー!キー!と鹿の威嚇の声。

本当にすぐ近くで。

これがほぼ、同じ時間に毎晩続くのでした。

結構殺気を感じます。

これがもし、熊だったら・・・。怖いね~!!

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。