スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ルルの病気と経過・・・

ルルの病気と経過・・・

14_20150801142535fff.jpg
ルル君のお尻小さ~い!

前回の本栖湖キャンプで気になっていた事がありました。
水に濡れたルルの身体がびっくりするほど痩せていたんです。

以前から、少しフードを増やすとすぐに軟便になるので、
太れない体質なのかな?と長年思っていました。
元気も良く、食欲もあったので、あまり気に留めていなかったのですが、
フードに鶏肉や鶏肝などをプラスして様子見していました。

しかし、最近1か月ほど軟便でしかも便の色も黄色。
明らかに他の3ワンとは違います。

体重を量ると、4.5kgまで減ってしまっていました。
これは大変!


7月29日
1回目の通院。

食欲もあるし、元気は良いけど、軟便続いて痩せてしまった。
と話すと、とりあえず血液検査しましょうという事になりました。

P1010020-001.jpg
どうやら、タンパク質を上手く体に取りこめないらしく、
アルブミン1.2はかなり危険な状態らしいのです。
多臓器不全を起こして急死することもあると言われ驚いてしまいました。
元気だと思っていたのにそんな状態まで悪くしてしまった自分に反省。。。

血液検査だけでは、薬は出せないと言われ、
レントゲンとエコー検査を強制されて・・・
ルル君を預けます。



かなり長い待ち時間。。。
手元にルルが戻って来た時にはブルブル震えていて、
お腹の毛を剃る為に少々の傷もあり、可哀想。

レントゲンとエコーの結果は今のところ特に問題になるものは無かったものの
血液検査の値が悪いので、ステロイドのお薬も強めで出します。
って事で・・・

副腎皮質ホルモン剤のブレドニゾロン錠5を1日2錠と、
抗菌剤メトロニダゾール1回1/4錠  1日2回。

今回の軟便は、下痢止めで治るようなものでは無く、機能低下によるものなのかな?
今まで与えていたフードからは上手く栄養が取れないという事でその日から、療法食に変えるようにと言われ
1kgのお試しサイズ。(今回は無料で頂きました。)

病院の療法食はあまり良くないと聞いたことがあったので、次からはコレを続けるかどうか?迷います。


元気なのになぁ。。。
ただの軟便だと、様子見するのは危険な事なんですね。

次の日の午前中、獣医さんから電話があって
10日分のお薬を出しましたが、やはり心配なのでまた2、3日後に来てください。と言われ
複雑な気持ちに・・・
ルル君の命、あと少しなのかな?
その日の夜は涙が止まりませんでした。

ルル君はお薬の副作用からか?食欲の増加と多飲。
いつもと様子が違ってガツガツした感じ。

元気と食欲はバッチリですが、3日間ほどは全く軟便も良くならず、
病院を変わろうか?と悩んだり、ネットで情報を集めたり。。。
5日目位になってやっと便の状態も良くなり少し安心したものの、
問題は便の色と匂い。
臭くないので美味しそうに見えるのか?ルルは食糞しようとするので注意が必要です。


8月6日。
2回目の通院。
セカンドオピニオンに掛かろうか?と思いつつ、また1からの検査になるのも嫌だし、
ネット検索して私なりに納得できる部分もあったので、また同じ病院に行くことにしました。

しかし、この前血液検査したばかりなのにまた血液検査と言われて、ちょっと驚きでした。
2、3週間の経過をみてからならわかりますが・・・
ルルの触診など一切無く、検査結果だけで治療するという方法に少々不安を感じてしまいました。
色々な質問をぶつけ、病名を教えてもらったものの、
よくわからないので、病名を紙に書いてもらえるようにお願いしました。

病名は、「蛋白漏出性腸症」
この先も定期的にエコー検査と血液検査が必要だそうです。

またまた不安を抱えつつ、獣医さんをイマイチ信じられない自分。
薬は、前回と同じ量頂き、血液検査はパス。
次回来院時には必ず血液検査と言われて帰って来ました。


病院で頂いた療法食が無くなりそうなので、色々と調べて(詳しい方にも教えていただき)
タンパク質(動物性のタンパク質)の多いフードに切り替え。

この日、義父が軽い脳梗塞で急遽入院となったため、
連日、ワンコ達の留守番時間が多く、心配でした。(食糞大丈夫かな)
便の回数も1日に数回だったのが、この頃から散歩の時だけになっていたのでまぁ大丈夫だとは思うのですが・・・
もしかしたらいない間に食べちゃったら?って考えました。

セカンドオピニオン・・・いつも頭の中にはあっても、とりあえずルルの状態は良くなっているし
病名、症状からネット検索してみると、薬も間違っている感じでは無いみたい。
そうこう考えている間に、周辺の獣医はお盆休みに入ってしまい結局病院を変える事無く

8月17日。
3回目の通院。
お約束の血液検査

P1010019.jpg

今回アルブミンの値は1.2→2.5に上がっていました♪
と言ってもまだまだ基準値より低いのですが、
とりあえず、危機的状況は脱したようで良かったです。
ただ、薬のせいで肝臓に与える影響もかなり悪くなっているようで・・・
この先もお薬とつきあって行かなくてはいけないので心配。

ステロイドの薬は半分になりました。
1週間か2週間後にまた血液検査だそうで、
その先は入院して詳しい検査だとか?内視鏡検査?

ルルは、とても元気そうに見えますが、
体重が増えないのと便の色が気になります。
只今4.25kg

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

ルル君に応援よろしくお願いします。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。